【山本正樹(やまもとまさき) プロフィール】

1964年12月11日 東京・中野区生まれ。
肩書きは、ITマーケティングコンサルタント・ビジネスプロデューサー。

独学で洋書を読み漁り、プログラミングをマスター。以来、会社員として10年、独立起業して20年、上場企業等の大規模なシステム開発からEXCELのマクロ開発まで、幅広く手掛ける。最大の実績はアクアラインで使われたトンネル掘削システムの開発。

「9・11」のアメリカ同時多発テロによる設備投資の冷え込みで、当時受注していた数千万円分の案件を失ったが、WEBを使って半年も経たずに元に戻すことができた。その経験から、WEBのビジネス利用の可能性に目覚め、WEB制作事業を始める。

順調にビジネスを拡大している最中、高齢の家族が次々と要介護状態となり、平日全く動けなくなったことも。その時は、WEBを活用して、ストック型の収益を確保して乗り越えることができた。

WEBサイトの構築実績は、上場企業・官公庁系・スポーツ施設・飲食店など数百サイト。短期間で施工件数が日本一になったガラス店、WEBで戸建ての家を売る工務店、ゼロから数千人規模のライター・カメラマンのネットワークを作り上げた編集プロダクションなど、少人数で奮闘している魅力的なクライアントも多い。

景気や健康・家族環境の変化にめげず、熱く生きている事業者のビジネスをITマーケティングで支援している。

将棋は日本将棋連盟四段。麻雀・プロレスなど勝負事が大好き。ダイエットの為、2年前から料理を始め、今はanovaを使った低温調理に凝っている。